化粧水にビタミンCが含まれる理由 - インターネットの口コミを利用して化粧水を選ぶ

化粧水にビタミンCが含まれる理由

化粧水にはビタミンCが含まれているタイプがあります。

ビタミンCの化粧水は支持されています。

一般的には、美白効果やアンチエイジング効果などを期待して含まれることが多いです。


化粧水にそのまま配合するには、不安定になってしまいます。
そのため、ビタミンC誘導体へと変化させ、肌内部へと安定して浸透するようになっています。


主な効果としては、肌の老化を防ぐ抗酸化作用やターンオーバーの促進、皮脂分泌の抑制などがあります。


ビタミンCが配合されている化粧水をより効果的に摂取するためには、同時にビタミンEを補給することです。

ビタミンEにも抗酸化作用などの美容効果があるため、同時に摂取することによりさらに抗酸化作用を高めることができ、持続しやすくなるメリットがあります。
ビタミンEは、油溶性になるため、乳液やクリームに配合されることが多く、化粧水を使った後にビタミンEが配合されている乳液やクリームをスキンケアに取り入れてみることです。



美白効果を求めている場合には、ローションパックとして使う方法があります。

他の美白成分に比べると効果が出るまでの時間がかかります。そのため、毎日でなくても週に2回から3回程度、ローションパックを行い、じっくりと肌へと浸透させていくことで徐々に肌に変化があらわれていきます。



また、基本の使い方は守ることも大切です。

コットンではなく、手でつけるようにします。また、顔と手をホットタオルなどを使って温めた状態で使用することで、より浸透しやすくなります。