化粧水に含まれる「ビタミンC誘導体」の効果とは

「ビタミンC」は、肌にとって多くのうれしい効果があることは良く知られています。

ビタミンCの化粧水の専門知識を身につけましょう。

「シミ、しわ、毛穴」に対して効果的に働いてくれるため、化粧水にも必ずといってもよいほど含まれる美容には欠かせない成分です。



ですがその性質には「不安定さ、酸化しやすい」という欠点があり、せっかくの美容成分が十分に働けない場合がありました。



この不安定さ、酸化しやすさを解消し、さらに肌への浸透性が高まるように改良されたものが「ビタミンC誘導体」で、現在多くの化粧水に含まれている成分となっています。


ビタミンC誘導体は角質層へと浸透し吸収された後、付加された酵素働きによって皮膚内で誘導体が切り離されビタミンCに変化することで効果を発揮します。
皮膚内までビタミンを届けることができ、安定して効果を発揮することができるのです。

その効果は多彩で「ニキビ、シミ、シワ」など、様々な皮膚への良い効果があります。


「ニキビ」に対しては、皮脂分泌が過剰になることを抑え、またニキビの原因細菌により作られる活性酸素を排除する力があるため、ニキビ対策・予防に大きな効果がある。


またシミの原因となる肌内の「メラニン」の生成を抑制する作用もあります。同時に、肌内の活性酸素も減らすため、本来メラニンが行う「紫外線などの外部刺激から肌を守る」効果も持ち合わせています。

さらにはコラーゲンを増やす効果もある。

コラーゲンを分解する酵素が働くのを阻害するとともに、コラーゲンを合成する効果もあり、シワの原因となるコラーゲン不足に対して大きな効果があります。


このように「ビタミンC誘導体」には非常高い美容効果があり、化粧水の効果を大きくサポートしています。